ちば環境学習応援団の2020年度報告

2021-06-22:掲載
2020年度のちば環境学習応援団の実績報告を提出

「水環境体験教室」
  1. 8 月20 日(木) 市原市姉崎公民館主催:「地球温暖化~我々に出来ること~」 (講師派遣)参加者47 名。
  2. 11 月5 日(木) 千葉市生涯学習センター主催(ミニ講座):「コロナ禍に 考える 食品ロスとその影響」(講師派遣)参加者7 名
  3. 11 月25 日(水) 千葉市生涯学習センター主催:「ふろしき体験コーナー」 (イベント参加型)延15 名の参加
  4. 12 月10 日(木) 市原市姉崎公民館主催:「コロナ禍に考える 食品ロスと その影響」(講師派遣)参加者42 名
  5. 小学生を対象として2019 年度より取り組んでいる「水環境体験教室」(講習お よび実習)を今年度は、3 件(①市川市立宮田小学校:81 名(R2.9.25)、②野田市立みずき小学校;103 名(R2.11.16)③市川市立国府台小学校・第一中学校・院内学級):24 名(R3.3.16)実施することができた。
詳細と続きは、こちら。

2021年度通常総会速報
5月30日に「オンライン」開催されました

2021-06-16:事務局
総会の設立と議案の承認
2021年度通常総会は、事前の書面投票で会員数81名・回答数71名で定款27 条に定める過半数を越え成立しています。なお、オンライン会議(Zoom)にご出席された会員は27名でした。
第1号、第2号、第3号、第4号および第5号議案すべてが、回答数の過半数の賛成をもって可決されました(定款 28 条)。
現在、法に定める登録手続きを事務局で準備中です。会員各位には、「第19回通常総会書面議決速報」をメール送付してあります。ご意見・お問い合わせなどありましたら事務局宛にご連絡をお願いします。

――2021年への思い――
2020年度 相互研修(勉強会)の足跡

2021-06-06:掲載
生活をすっかり変えてしまったのが昨年来のコロナ禍です。2020年度の相互研修(勉強会)の報告と今年度2021年への思いを込めて・・・
環境学習センター佐藤ミヤ子さんからのメッセージです。

「食品ロス」講演会(2019年4月市原市)
顔半分をマスクで隠し、皆さんとの会話もほんとに少ない2020年
また、このような時期だからこそと、自然の中で思いっきり深呼吸が出来たらと模索した「自然観察会」も延期になりました。
 "今春には"との思いも通り越してしまいましたが、ワクチン接種によりマスクが外れたら、今秋実現出来たらいいですね。企画が出来たらご案内いたしますので、ぜひ、秋の空気を胸いっぱい吸い込みにお集まりください。
また、そんな状況下ではありましたが、「相互研修・勉強会」の開催は10回を重ね、延94名の方がご参加くださいました、皆さんの支えがどんなに心強かったことでしょう。
 みなさんのその思いを2021年に繋げて行きたいと思います。
今年度、環境学習センターの新コーナーでは、「こんなことが聞きたい!」「これってホントに良いの?」などの疑問・質問をいただき、「あゝそれなら答えられるよ、話ができるよ」と手をあげてくださる方に登場いただこうと思っています。
また、テーマによっては、「私はこんな風に思います」などのさまざまな意見が飛び交う座談会形式の会も有っていいのかな、などと考えています。"楽しかった! また来たいね!"の声が聞こえる会になれるよう皆さんの声と参加をお待ちしています。
毎月の「開催案内」見逃さないで下さいね、
一人の力は限られます、みなさんの声と知恵をいただきながら、様々な方が集った輪が一つの和を生む一年になれるように、新スタッフと共に歩んで行きたいと思っています、どうぞよろしくお願いいたします。

2020年度 相互研修(勉強会)の足跡

続きと詳細は、こちら。

「うちエコ診断実施機関EC千葉ネット」だより
うちエコ診断実施機関EC千葉ネット
2021年5月

掲載:2021-05-08:カテゴリ:うちエコ診断

環境省認定「うちエコ診断」は、家庭部門からの二酸化炭素排出量削減を進めるための環境省の取り組みの一つです。
環境カウンセラー千葉県協議会が、「うちエコ診断実施機関EC千葉ネット」として2016年に環境省の認定を受けて6年目を迎えようとしております。以下は、これまでの実績です。

「うちエコ診断実施機関EC千葉ネット」だより(PDF)

「水環境体験教室」を市川市立国府台小学校・院内学級で開催しました
2021年3月16日(火)

2021-03-28:水環境対策センター
2021-03-28:水環境対策センター

令和2年(2020年)度の水環境対策センターの活動報告です。
令和元年は台風災害、令和2年は新型コロナの緊急事態宣言により、恒例の「浄化槽管理啓発講習会」は開催できずにもどかしい2年でした。そのような中、今月の令和3年3月16日(火)14:00~15:15に、市川市立国府台小学校・第一中学校、「院内学級・水環境体験教室」が開催できたことは学校関係者の努力の賜物です。当初、令和2年12月21日開催予定が延期になり、実施ができることを願いつつ待ち続けた時間は長かったことを思い出しています。

「院内学級・水環境体験教室」とは国府台病院に入院している小学生と中学生向けの出前講習会でした。小学生、中学生が一緒での講習会実施は初めてでした。また、皆様には入院中や看護の時間に出席を頂き、開催者としては感謝の気持ちでいっぱいです。 ・・・・・・・・続きと詳細は、こちら。

野田市立みずき小学校で「水環境体験教室」を開催しました
令和2年11月16日(月)

2020-11-22:水環境

小学校で第2回目の「水環境体験教室」を開催しました(浄化槽講習と合算では第76回目)。

開催日時:
令和2年11月16日(月) 8:30~9:15(講習) 9:25~12:10(実習3回)
場所:
野田市立みずき小学校体育館(講習)および理科室(実習)
参加者:
4年生4クラス96名および教職員7名(総員103名)
講師:
上口センター長(主)および井町副センター長(副)

生田教務主任より開催の挨拶があり、上口センター長の参加型講習が始まった。1時限目の場所は広い体育館。・・・・・・・・続きと詳細は、こちら。

第23回企業環境セミナーを開催しました。
2020年11月11日

2020-11-22:掲載;カテゴリー:EMS

11月11日(水)13時~17時に、千葉商工会議所14階の第2ホールにおいて、1998年から継続開催している「企業環境セミナー」を本年も開催しました。

ISO 14001等のマネジメントシステムによる環境活動は事業活動との一体化が進みつつあり、企業に役立った活動になってきている。更に進めて、SDGsゴールを視野にいれた活動に発展させることによって、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出などが期待できます。こうした展開の一助を目的とし、「環境経営とSDGs経営」と題して件名のセミナーを開催しました。・・・・・続きと詳細は、こちら。

2020年9月と10月に二つの内部監査員養成講座(2日間コース)を開催しました。
第32回ISO 1400及び第28回ISO 9001

2020-10-22:掲載;カテゴリー:EMS

模擬演習では、フェイスシールドを着用して、新型コロナ感染予防を図りました。
2020年9月と10月に二つの講座(2日間コース)を開催しました。
新型コロナ禍にもかかわらず多くのご参加をいただきありがとうございました。
講師はいずれも環境カウンセラー千葉県協議会会員のベテラン講師に頼みました。
  • 第32回ISO 14001 内部監査員養成講座 9月16・17日(水・木)
    講師:青木 誠 氏、長田 彰 氏   参加者:10名
  • 第28回ISO 9001 内部監査員養成講座 10月14・15日(水・木)
    講師:志澤達司 氏、熊田成人 氏   参加者: 9名
  • 場所:千葉商工会議所 会議室

続きと詳細は、こちら。

市川市立宮田小学校で「水体験教室」を開催しました!
令和2年9月25日(金)

カテゴリ:水環境;掲載:2020-10-03

教室風景1
小学校での「水体験教室」を初開催(浄化槽講習と合算では第75回目)
水環境対策センターは、小学校4年生を対象とした「水体験教室」に講師派遣をし、生徒が生き生きと参画したことと、校長先生からも「有意義でした」との好評価を得ました。小学校の授業枠では初めての開催ですが、平成19年(2007)にスタートした浄化槽講習会と合算すると第75回目となります。水環境対策副センター長の井町臣男さんよりの報告です。

  • 開催日時:令和2年9月25日(金) 10:55~11:35(講習) 11:40~12:20(実習)
  • 場所:宮田小学校理科実習教室(2教室・講習用と実習用の2教室を活用)
  • 参加者:4年生2クラス76名および教職員5名(総員81名)
  • 講師:上口センター長、久保田副センター長および井町副センター長

本多校長先生より開催の挨拶があり、上口センター長の講習が始まった。
生徒の皆さんも最初は緊張気味であったが、上口講師による参加型講習は、水の形態の質問に一人の生徒が手を挙げて答えると、すぐに教室の雰囲気もリラックスムード。地球上での水循環についての次の質問では、多くの生徒が手を挙げて我先に当ててほしいという積極的な姿勢に感心した。 ・・・・・・・・・・続きと詳細は、こちら。

本の紹介
地球に住めなくなる日-「気候崩壊」の避けられない真実-

2020-08-01掲載:カテゴリ:地球温暖化

環境カウンセラー千葉県協議会 会員の皆様

既にお読みになられた方が多くいらっしゃると思いますが、ちょうどタイムリーな話題であり、外出自粛の間の読書の一冊として紹介いたします。(地球温暖化対策センター長の服部達雄からの情報提供です)


「地球に住めなくなる日-「気候崩壊」の避けられない真実」
(The Uninhabitable Earth Life After Warming)
 [NHK出版 2020年3月15日発行、本体1,900円+税]

これまで私たちがニュースなどで見聞きしてきた気候変動の影響・脅威について、多くの事例を紹介して、今やわが地球では気候崩壊が進んでおり、しかもそれがグローバルな連鎖で加速していることを述べています。

続きと詳細は、こちら。

第10回子どもたちによる水辺の生きもの観察会
丸山川・南房総エコネット主催(2020年8月初旬)
今年は、新型コロナウイルス禍で、中止となりました。

2020-07-27;カテゴリ:生物多様性

2020年度 「うちエコ診断士」登録時研修及び更新研修」
2020年6月27日開催報告

掲載:2020-07-18:カテゴリ:うちエコ診断

7月現在、うちエコ診断実施機関EC千葉ネット(環境カウンセラー千葉県協議会)には、7名の「うちエコ診断士」が所属しています。その7名の診断士への研修が実施されました。

  • 日時:6/27 (土)10:30 ~16:30
  • 場所:千葉市活動支援センター 談話室
  • 主催:「うちエコ診断実施機関EC千葉ネット」
  • 出席:当日現在「うちエコ診断実施機関EC千葉ネット」に所属の診断士7名
  • 目的:
    • ①診断を通して、受診者が“よし、それならやってみよう”と思っていただけるような提案と、適切な情報提供ができるプロの診断士を目指す。
    • ② 各自治体から、“また来年もお願いしたい”と言っていただける信頼と実効性のある実施機関を目指した研修にしてみました。
詳細と続きは、こちら。

令和2年度ECU代表理事表彰受賞者発表
理事 見並勝佳氏と監事 有馬富穂氏

2020-07-12掲載:カテゴリ:事務局

2020年6月29日に開催されたECU(環境カウンセラー全国連合会)総会において、当協議会理事見並勝佳氏と監事有馬富穂氏が本年度のECU代表理事表彰を受賞されました。

お二方のこれまでのEC千葉における活動に敬意を表し、お祝い申しあげるとともに、今後もますますのご活躍をされ、EC千葉の発展に貢献していただくようお願いいたします。
会員一同を代表し、あらためてお祝辞申し上げます。(理事長吉田昌弘)

続きと詳細は、こちら。

美しい作田川を守る会向け浄化槽講習会開催報告
2020年02月07日(金):10:00~12:00:東金市3階会議室

カテゴリ:水環境;掲載:2020-02-29

2月7日に「美しい作田川を守る会・・」が開催されました。以下に、水環境対策センター長の上口清彦氏の報告を掲載します。

続きと詳細は、こちら。