水生生物による水質評価法マニュアル


ヘビトンボ科

平成29年6月15日に環境省より、「水生生物による水質評価法マニュアル-日本版平均スコア法-」及び「河川生物の絵解き検索」が公表されました。
河川の水質状況を把握するために、化学的な水質調査は採水時の瞬間的な水質の状況を表すものです。一方、水生生物の生息状況は、水域におけるより長期的な水質の状況に加え、水量や河床性状等、水質調査項目以外の水域特性に関する総合的な情報を表すと考えられています。
 EC千葉では、NPO法人南房総エコネットの主催する「丸山川・子どもたちによる水辺の生きもの観察会」に参加していました。2017年で第7回となる観察会です。指標性が高い29種の水生生物で、河川の水質の状況を4階級で判定することができる全国水生生物調査の一環で、結果は千葉県経由で報告してきました。
 環境省では、 河川に生息する71種の水生生物を数値化し、それらの生息状況から河川の水質の状況を定量的に評価できるようにと、学識経験者等から成る検討会において検討した結果を、「水生生物による水質評価法マニュアル-日本版平均スコア法-」及び「河川生物の絵解き検索」として公表しました。

 EC千葉では、南房総エコネットと連携を取りながら、内容の勉強会などを企画したと考えています。


資料は、下記をクリックすると表示されます。(PDF資料)

指標水生生物による水質調査

化学分析と指標生物による水質評価

普通「水質調査」と言うと、BOD(生物化学的酸素消費量)やCOD(化学的酸素消費量)あるいは、総窒素、リン等の化学分析により表示するのが一般である。
しかし、河川等の環境水を評価する場合には一定の限界がある。化学分析値は採取した時点の水質であるのに対して、指標生物での評価は長期的な水質変動を総合的に反映していると考えられる。

どの生物を指標とするかは、評価の適正さに大きく影響を与える。いくつかの方法が開発され提案されているが、生物の専門家でもない一般市民や子供達の場合には、環境省と国土交通省が公表している小冊子「川の生きものを調べよう(水生生物による水質判定)」によっている。
右の写真は、上記の小冊子の表紙である。最新の資料は、平成23年度に見直されて、24年3月に公表されている。(画像クリックで、PDF表示。)

資料の入手先URLは、https://www2.env.go.jp/water-pub/mizu-site/mizu/suisei/etsuran/pref/text.htmlである(2014年4月時点)。

水質を4階級に分類する

この資料では、水質を4種に分け各々での指標水生生物により水質判定を行う。上記の資料によると次の表のように分類されている。

水質を4階級に分類
きれいな水(Ⅰ)の指標生物 ややきれいな水(Ⅱ)の指標生物
カワゲラ類
ヒラタカゲロウ類
ナガレトビケラ類
アミカ類
ヨコエビ類
ヘビトンボ
ブユ類
ナミウズムシ
コガタシマトビケラ類
オオシマトビケラ
ヒラタドロムシ類
ゲンジボタル
コオニヤンマ類
カワニナ類
○ヤマトシジミ
○イシマキガイ
きれいな水(Ⅰ)とややきれいな水(Ⅱ)の両方で見られる生物(指標生物ではない)
チラカゲロウ  タニガワカゲロウ類  ニンギョウトビケラ類  ヒゲナガカワトビケラ類
きたない水(Ⅲ)の指標生物 とてもきたない水(Ⅳ)の指標生物
ミズカマキリ
ミズムシ
〇イソコツブムシ類
タニシ類
シマイシビル
〇ニホンドロソコエビ
ユスリカ類
チョウバエ類
アメリカザリガニ
エラミミズ
サカマキガイ
 
〇は海水の少し混じっている汽水域の生物

自然観察会

丸山川の指標生物水質調査

緑のカーテンとは


会員の育てた琉球アサガオ
2013-08撮影

緑のカーテン(定義は、wikipediaを拝借。)
緑のカーテン(みどりのカーテン)とは、植物を建築物の外側に生育させることにより、建築物の温度上昇抑制を図る省エネルギー手法。またはそのために設置される、生きた植物を主体とした構造物。
その効果としては、窓をおおうように設置されることによりカーテンとしての遮光のほかに、建築物外壁の蓄熱の軽減、植物の蒸散作用のさいに発生する気化熱による周囲の温度の抑制、植物の光合成による二酸化炭素の吸収による地球温暖化の緩和、酸性雨、紫外線、急激な温度変化による外壁の劣化の軽減、植物の観賞や果実の収穫も期待されている。
環境技術としては壁面緑化にあたるもので、「緑のカーテン」という呼称は、主に個人や市民ベースの省エネルギー運動の範囲での比較的小規模な構造物を指すことが多い。また大規模な壁面緑化には、外壁に直接植栽する手法などもあるが、「緑のカーテン」と言った場合には、主につる植物などを窓を覆うように繁茂させたカーテン状の構造物を指す。

緑のカーテンの効果

 

第9回子どもたちによる水辺の生きもの観察会への参加
丸山川・南房総エコネット主催(2019年8月4日)

2019-08-16;カテゴリ:生物多様性

参加者は70名に・・・

 8月4日(日)、第9回子どもたちによる水辺の生きもの観察会が丸山川上流の千葉県酪農の里付近で開催されました。今年もEC千葉から、4名が応援参加し、子供達と振れ合いながらの環境学習ができました。

連日の猛暑、この日も朝から強い陽ざしが射していた。
9時半くらいから次々と親子連れが集まってくださり、開始時間の10時を過ぎてもまだ受付が終了しなかった。結局、参加者は子ども31人、大人31人、スタッフ8人の計70人に達しました。
10時過ぎ、先ず当日の進行手順を説明、諸注意として 「川で転んで怪我のないように・・・」「熱中症に気をつけて・・・」と訴えた。
その後川に移動して川の状況調べを行った結果、水温は25℃、川幅は3m、水深は10cm、流速は30cm/s, 透明度は+30cmであった。

「じゃあ、川に入っていいですよ」の合図で子どもたちは元気 よく川に入り、保護者と一緒に思い思いの場所で生きものを追 った。子どもたちは「いた、いたぁ」「オタマジャクシに逃げら れた」「カエルを捕まえた」など、声を上げながら夢中になっ て生きものを追った。

10時50分、「生きものを捕まえるのはこれで終了です」との 声で、子どもたちは川を後にして生きものの入ったバケツを持 ち寄って、種類ごとに分けた。たくさん捕れたのはオタマジャ クシ、シマドジョウ、ツチガエル、ウグイの幼魚、アメンボウ などで、指標生物ではカワゲラ、ナガレトビケラ、ヤマトビケ ラ、ヘビトンボ、サワガニ、ナミウジムシ、コオニヤンマが捕 獲された。集計表にこれらの生きものを記入して水質を判定し た結果、水質階級Ⅰが9ポイント、Ⅱが2ポイントだったので、 今年もこの川の水質は「水質階級Ⅰ」と判定された。
最後に受付テントの前で集合写真を撮って解散した。

 こうして、多くの参加を得て、また誰一人怪我や熱中症の発 病がなく終了することができ、とりわけ子どもたちの生き生き した表情に出会えたことが有意義な活動に繋がった。 終了後、南房総エコネットの皆様と情報交換ができ、来年の再会と本イベントの継続を誓って散会した。なお、EC千葉から参加したのは、國廣、服部、佐藤(ミ)と吉田でした。この観察会は、セブンイレブン記念財団の助成金対象でした。(文責:吉田昌弘)


主催者のNPO法人南房総エコネット理事長の前川鎮男さんからも報告書が届いています。こちら。来年も参加したいですね。

柏市文化連盟講演会-9月12日(水)アミュゼ柏の報告
-----「ガラパゴス」溶岩の島の動植物と人々----

2018-09-26:生物多様性

9月12日に開催された、柏市文化連盟主催の第12回文化講演会の報告が演者の倉田智子さんより届きました。


柏市文化連盟は、日本の諸文化を担う方々の集合体である。打ち合わせで出会った方々は、尺八、民舞、太鼓や詩吟をたしなみ、指導者として活躍なさっていた。

世界遺産第一号の類まれな生き物ばかりでなく、環境問題をちりばめ、小さなエピソードを綴ってのガラパゴス紹介を試みた。タイトルは「ガラパゴス」溶岩の島の動植物と人々―。

スライド数枚で鎌ケ谷市の紹介に自身の活動紹介を絡め、手賀沼の水質改善対策(水生生物による汚濁削減の試み)にふれ、柏市との関わり(ホタルとカタクリ)を話した。本題とは関係ないが好評であった。

今年は日本―エクアドル外交樹立100年に当たり、記念事業が企画されている。とはいえ、エクアドルだけでなくガラパゴスさえ、どこの国かご存じない方もいる。関わりある有名人は、なんといっても「野口英世」、黄熱病の研究で足跡を残し、さらにこの時の写真が千円札の肖像になっている。 お出迎えはゾウガメ、リクイグアナ、ペンギン、アオアシカツオドリとオオフラミンゴなど勢ぞろい。

書籍紹介「フィンチの嘴」「ガラパゴスのふしぎ」「ガラパゴス諸島」大型本「ガラパゴス」もあり、手に取ってみていただいた。展示ボードは3枚、EC千葉の紹介パネルも掲げた。
今までの講演会には展示がなかったらしく、準備段階では敬遠されたが、結果は歓迎された。

「ガラパゴスへ行ってきた」というと「ああ。あれね」とウミイグアナを連想して、それで終わってしまう方が多い、と話し始めると皆さん、うなずく。
広い海に島が生まれる。大陸に向かって一年に5~7㎝移動し、最後は水没していく。
1535年ガラパゴス諸島、パナマ司教トマス・ベルランガにより発見。「不毛の地、地獄のようだ」と発見者に言わしめた溶岩の島は、今や人々をいやす、楽園になった。知的好奇心を満たす場であるといっても良いだろう。何しろ進化論・ダーウィンの島だから~。

環境の厳しさが多くの固有種を生み出し、生育環境による棲み分け(サボテンを例に)のほか、保全は行政と研究機関の両輪であること、東日本大震災がガラパゴス諸島まで被害を及ぼしたことなどを紹介した。締めくくりは「とっておき画像」で、オオグンカンドリのフィーディング、オオフラミンゴのピンクスワン化(休む時の姿勢)などを映した。
ガラパゴスの高校生が3月来日、小笠原の中高生は8月に出かけていった。次世代育成交流事業である。この記念Tシャツを、中川・竹山さんのお二人に着ていただいた。顔出しノーグッドというので、図柄だけ登場させる。展示や進行などお手伝いいただき、ありがとうございました。

最後に、柏市文化連盟の会長・鈴木將勝氏は、パプアニューギニアからの一家のホームステイを受け入れた方で、TVでも放映されている。ご覧になった方もおいででしょう。私も見ましたが、ご本人から知らされるまで、存じませんでした。市民同士の交流は、こういうことも含まれるのですね。
参加者99名。


講演の様子は、柏市文化連盟のウエブでも掲載されています。 http://www.kashiwa-bunka.com/activity/kouenkai/bunkakouenkai2018.html

8月6日(日)の丸山川生物水質調査参に参加しました

掲載:2017-08-23

8月6日(日)に開催されたNPO法人南房総エコネット主催の「第7回子どもたちによる水辺の生きもの観察会」に参加しました。場所は、例年の千葉県酪農のさと付近の丸山川上流。梅雨明け直後のわりにはと心配していましたが、気温30℃と真夏日でした。10時には親子連れが44人と沢山の参加者が集まり(総勢53人)、調査を開始しました。
雨が続いていたのと、すぐ上が水源であることから水温は15℃と地下水並の冷たさ、数カ所で地下水が湧いていました。水の流れも67cm/秒と水量があり、川幅:3.5m;水深:14cm:;透明度:30cm++でした。川の中ではこども達がいつものように元気よく生き物探しを楽しみました。40分後に捕まえた生き物を分類して水質判定を行い、例年のように「水質階級Ⅰ」でした。

指標生物ではナミウズムシ、カワゲラ、サワガニ、ヒラタカゲロウ、ヘビトンボ、ヤマトビケラ、コオニヤンマが確認されました。オタマジャクシ、カワエビ、ヨシノボリ、シマドジョウがたくさん、他にミズスマシ、ヨシノマダラカゲロウ、カジカガエル、ツチガエル、スズグロオニヤンマをこども達がつかまえていました。観察会は無事終了し、用意された冷たい麦茶でのどを潤し、受付テントの前で集合写真を撮って解散しました。この観察結果は、環境省のホームページに「酪農の里」地点として登録されます。

その後は、こぶのある牛「ハクギュウ」のいる牛舎そばの食堂で名物の「自然薯御飯」、産直のソフトクリームを楽しみました。食後には、キュンやハクビシンなどの外来生物による農作物の被害、イノシシによる被害、ニホンミツバチなど南房総の自然の豊かさと現状などがエコネットの方達との話題となりました。来年も是非協働で行いましょうと約束をして帰路につきました。参加したのは、國廣、服部、橋本、志澤と見並でした。この観察会は、セブンイレブン記念財団の助成金対象でした。(文責:見並)


椎の森のボランティア活動が10周年を迎えました    2016-06-04

袖ヶ浦市の椎の森自然環境保全緑地(20ha)でのボランティア活動が10周年を迎えました。平成16年に椎の森内陸工業団地に隣接して「椎の森自然環境保全緑地」が設置されました。当初は、ボランティア主体の保全活動に意見や疑問もあったようですが、順調に経過し10周年を迎えました。
この活動には、当EC千葉の設立と基礎づくりに貢献された小角浩さんは椎の森里山会会長、山影隆男さんは主要なメンバーとして活躍されています。
この度、「10年のあゆみ」を発刊しました。5月22日の総会時に頂戴しました。全頁で70枚近い立派な記念誌で、原本は千葉市市民活動支援センターのロッカーに保管してあります。当初は、アズマネザサと不法投棄物との戦いであったようです。記念誌の序文にあるように、この森との人の関わりは今後も100年、200年と続きます。一度お出かけ下さい。

袖ヶ浦市の公式URLはこちら。
カテゴリ:生物多様性
△ページトップへ