緑のカーテンとは


会員の育てた琉球アサガオ
2013-08撮影

緑のカーテン(定義は、wikipediaを拝借。)
緑のカーテン(みどりのカーテン)とは、植物を建築物の外側に生育させることにより、建築物の温度上昇抑制を図る省エネルギー手法。またはそのために設置される、生きた植物を主体とした構造物。
その効果としては、窓をおおうように設置されることによりカーテンとしての遮光のほかに、建築物外壁の蓄熱の軽減、植物の蒸散作用のさいに発生する気化熱による周囲の温度の抑制、植物の光合成による二酸化炭素の吸収による地球温暖化の緩和、酸性雨、紫外線、急激な温度変化による外壁の劣化の軽減、植物の観賞や果実の収穫も期待されている。
環境技術としては壁面緑化にあたるもので、「緑のカーテン」という呼称は、主に個人や市民ベースの省エネルギー運動の範囲での比較的小規模な構造物を指すことが多い。また大規模な壁面緑化には、外壁に直接植栽する手法などもあるが、「緑のカーテン」と言った場合には、主につる植物などを窓を覆うように繁茂させたカーテン状の構造物を指す。

緑のカーテンの効果

 


2015年9月23日「エコメッセ2015inちば」向け緑のカーテン参加者募集

9月23日(水・祝)に幕張メッセ国際会議場で開催される「エコメッセ2015inちば」に展示・参加します。
当日会場では、昨年ブースへの来訪者に配布したゴーヤ、アサガオとフウセンカズラの種から育てた緑のカーテンの写真採取した種を受け取ることにしています。その種と会員の皆様の育てた種をブース来訪者に配ります。昨年は、約300名の方に種を配ることができました。多くの方から種を受け取ることを期待しています。昨年の10月に習志野市のM様からアサガオの種を頂戴しています。 鎌ヶ谷市などの環境フェアーでも種を配布し大変好評でした。この企画は今年も行います。
下記要領で緑のカーテンへの参加者を募集します。。

参加者募集要領

  • 募集対象:当面は会員とその紹介者とします。
  • 成長記録写真とコメント:参加者は、種/苗植え付けからの成長記録写真と簡単なコメントをメールで送付下さい。
    EC 千葉のHPに掲載します。(下欄の昨年の記録を参照ください)
  • 緑のカーテンの種類:ゴーヤ、アサガオ、フウセンカズラ、チュラウリ等々種類は問いませんが、昨年度の実績ではフウセンカズラ人気が高かったです。
  • 収獲した種をEC千葉に、送付下さい。その種を、エコメッセ当日ブース来訪者に配布します。(送り先その他の詳細は後日連絡します。)
  • 参加申し込みと写真の送付先:HPアドレス(クリックでメールソフトが起動します)

会員が育てている緑のカーテンの成長記録2015

袖ケ浦のブドウ棚の日除け
2015-07-19
自宅の庭先に10年以上も前に、ぶどう(巨峰)の棚(3m×4.1m)を単管とメッキパイプを組み立てて設置しましたが、虫に食われたり病気になって食べられるものができませんでした。そこで3年前に柱を継ぎ足して棚の上にポリカーボネートの透明波板の屋根を張りました。それによって、3株のぶどうは元気になり、枝を伸ばして果実を多くつけるように育ってきました。
今年は、棚の上が小枝でいっぱいになって、伸びた枝が棚からあふれて、6月初めから自宅の窓に迫ってくるようになり、まさに緑のカーテンとなりました。この勢いは止まりそうになく、6月下旬に新たに自宅の壁に沿って、さらに屋根付きの棚(3m×1.8m)を炎天下の中、汗だくで増設しました。
増設した棚にも新天地ができたとぶどうは喜んで枝を伸ばし、今では棚いっぱいに緑の葉でおおわれています。
おかげで、自宅の6mの壁には立派な緑のカーテンができて台所が涼しくなりました。
今年は、ぶどうの収穫は多くはありませんでしたが、来年が楽しみです。

3年前に設置した棚で小枝が密集
(右の木箱は雨水タンク)

増設した棚と自宅の壁
(赤い鉢はメダカ、青いのはクレソン栽培)

増設した棚と屋根
(手前の灰色のものは生ごみ処理機)
千葉のフウセンカズラ
2015-08-03
この写真も室内側からです。
種を採取しました。幕張メッセでのエコメッセ(9月23日)で配布します。昨年はフウセンカズラの種は大変好評で直ぐなくなりました。
松戸のゴーヤー

2015-07-30クリックすると拡大され、実が熟れているのが分かります。

2015-07-30 清々しい心地よい風と共に次々と実を付け夏の食卓を彩っています。見事なカーテンになりました。

2015-07-12:長雨のお蔭で、葉の生育が進み見事なグリーンカーテンができました。
八千代のゴーヤー
今年もゴーヤが育ちました。 2015.7.4
花が咲き、蜂が舞い、すぐ実がつくでしょう。ゴーヤ普及のデモのつもりですが、ご近所さんへの普及はまだまだです。
船橋のゴーヤー

2015年8月9日白い実のゴーヤのひとつが熟しました。

2015年8月3日:白い実のゴーヤが生りました。白いのは発育不良と思っていたら、このようなゴーヤもあることを、インターネットで知りました。青いのをひとつ、湯がいて塩もみしてポン酢でいただきました。ビールと一緒に。

2015年7月3日5月の連休直後に、ベランダのプランターに植えたゴーヤーの種が育ちました。アサガオは、まだまだです。


会員が育てている緑のカーテンの成長記録2014

2014年に会員が育てた緑のカーテンの成長記録です。この種を2014年「エコメッセinちば」で配布しました。

松戸市のゴーヤ
♠苗植え付け:5月1日。
♠幅3メートル強のネット設置。種から育成中の苗を近日3本追加し、5本で緑のカーテンを予定
松戸市のツルムラサキ
♠苗植え付け:5月11日。
幅2mのネットは、地面から二階ベランダまで張りましたので、ジャックと豆の木の様に伸びて欲しいです。
船橋市のゴーヤー
♠苗植え付け:5月3日
♠7階のベランダなので風が強いのが心配です。
船橋市のアサガオ
♠種植え付け(3粒):5月3日
♠芽2本間引きしました。アサガオを育てるのは、小学校以来です。

撮影:5月末

撮影:5月末

撮影:5月末

撮影:5月末

撮影:8月初め
遅まきの中央部分がやっと伸び始め、残暑を木漏れ日で癒してくれるのもまじかになりました。

撮影:8月初め
順調に成長しています。脇芽やおひたしや胡麻和えで楽しんでいます。

撮影:6月14日
6月初めに施肥をして、ツルも伸び初めて花が咲きました。

撮影:6月19日
ツルの高さが20cmを超えました。
*** ***
撮影:7月1日
沢山の花の花芯には蟻が7階まで登って来ています

撮影:7月1日
初めて花が咲きました。
*** ***
撮影:8月27日
実は6個食べました。実がはじけ、種が見えます。赤い粘々に発芽抑制作用があるとのこと。自然は素晴らしい。

撮影:8月27日
実が成りだしました。
八千代市のゴーヤー
苗植え付け:5月初旬
千葉市(稲毛)のヘチマ
苗植え付け:5月初旬
千葉市(稲毛)のアサガオ
苗植え付け:5月初旬
袖ヶ浦市のゴーヤー
種植え付け:5月初旬

撮影:6月9日
花が咲き、実をつけはじめた。
南側のベランダにヘチマで
緑のカーテンを!
昨年の「エコメッセinちば」で
配布された種を植えました。
****

撮影:7月3日
今年もゴーヤーが見事に育ちました。
実が沢山なり、食べ切れないかも。

撮影:7月20日

撮影:7月20日

撮影8月13日
畑での栽培。さすがに、勢いが違います。種子は、800ml(約2200粒)になるとのこと。

撮影:7月23日
飛び地に自生しました。不思議です?(昨年のタネが?)
*** *** ***


会員により完成した緑のカーテン(2013年)

ここで採取された種を、エコメッセ2013で配布しました。

フウセンカズラとチュラウリ アサガオ
△ページトップへ