平成29年度環境カウンセラー申請者募集中です

申請期間は、平成29年7月3日(月) ~ 8月14日(月)です。
申し込みをとお考えの方は、すぐに下記のメールアドレスにご連絡ください。当協議会の仲間が相談に応じます。

お知らせ

新投稿があります。

2016-05-18:「奄美大島 東洋のガラパゴスを旅して」の投稿がありました。

2016-03-30:「柏市逆井・カタクリの里」の投稿がありました。

2016-03-30:「震災・原発事故5年を迎える福島へ」の投稿がありました。

2016-03-30:「勝田台桜まつり」の投稿がありました。

定例理事会の案内

  • 日時:2017年7月30(日)12:30~
  • 場所:千葉市民活動支援センター会議室(千葉市中央区中央2-5-1千葉中央ツインビル2号館9階)
  • 会員の皆様は、ご自由にオブザーバー参加できます。ぜひお越し下さい。
  • アクセスは、こちら。

EMS支援センター運営会議

  • 7月30日(日)9:30~12:00
  • 場所:理事会と同一場所

環境学習センター会議

  • 7月30日(日)14:30頃~16:00
  • 理事会終了後開催
  • 場所:理事会と同一場所
  • 相互学習テーマと内容

コープみらい主催の夏休みイベント
「食」「環境」体験 に協力(7月23日(日))

2017-06-22掲載

コープみらい八街の森で開催する「夏休み親子環境教室 」に協力します。近くにお住まいの会員の参加をお待ちしています。
テーマは、「食べ物から考える地球温暖化 ~私たちの食べ物はどこからくるの?~」です。
会員の佐藤ミヤ子さんが親子と「毎日食べているものが、どこで作られどこから運ばれて来ているか、 運ぶことによってどれだけのエネルギーが使われているのかを知る ことからはじめよう! 」を共に学びます。

  • 日時:7月23日(日) 10時~12時
  • 場所:コープみらい八街の森 森のおうち (八街市八街ほ706-1)
  • コープみらいのURLは、こちら。
  • イベントの詳しい案内は、こちら(PDF)。


style="margin-right: 0px auto;

第22回eco検定試験は、2017月7月23日(日)です 受験対策講座参加者募集中


東京商工会議所エコ検定ページへ

東京商工会議所の第22回エコ検定(環境社会検定試験)は、7月23日(日)です。
申し込み期間は、5月9日から6月9日です。

エコ検定受験は、東京商工会議所エコ検定ページより各自で申し込みください。

「環境」に関する基礎力がアップし、企業での環境対策推進や学生の就職対策に役立つエコ検定に必ず合格する、このための受験対策講座です。
eco検定に合格・登録している環境カウンセラー千葉県協議会の講師が懇切・丁寧に指導致します。

次のふたつの講座を用意しています

1:受検する個人向けの講座

2:企業内受検講座への講師派遣

詳細は、こちら。

千葉県の環境講座

2017-05-28掲載

千葉県では、「持続可能な社会づくりに向けて、豊かな感受性を育み、問題解決力を身につけ、主体的に行動で きるひとづくり」をめざした環境学習を推進しており、その一環として、県民を対象に環境講座を実施していま す。
平成29年度の行事案内は、こちら(千葉県URL)


画像の移動先

  • 「ご近所の桜」の画像は、こちらに移動しました。
  • 「緑のカーテンの記録」はこちらに移動しました。来年も投稿をお待ちしています。

会員の投稿のページを開設

  • 会員の投稿ページを開設しました。
  • 内容は自由ですが、掲載するか否かはHPの管理人が決めます。
  • クリック先:会員のページ

会員からの行事原稿常時募集中

  • 最近開催された行事をタイムリーに画像付きで掲載します。
  • ワードまたはエクセル等で原稿を作成して、下記のメールアドレスへ送付下さい。
  • 写真は数枚選んでください。沢山の写真がある場合は、ギャラリーとして掲載します。(メールではなく、CDやUSBで送付下さい)

リンク先

平成29年度EC千葉自然観察会のご案内

2017年7月吉日
環境学習センター長 吉田昌弘

平成29年度の自然観察会は、紅葉の見ごろとなる中部山岳国立公園「乗鞍岳周辺」で下記の通り計画いたしましたのでご案内いたします。 多くの方のご参加をお待ちしています。

乗鞍岳畳平(飛騨乗鞍観光協会HPより)

  1. 実施地域:「乗鞍岳周辺」
  2. 日  程:平成29年10月11日(水)~12日(木)
  3. 目  的:中部山岳国立公園南部の乗鞍岳周辺における地形、植生等を観察します。特に山腹部に刻まれた番所大滝、善五郎の滝、三本滝(以上長野県側)・平湯大滝(岐阜県側)の瀑布景観を探勝します。
  4. 行  程:
    • 10月11日(水)袖ヶ浦バスターミナル発(6:10) - 千葉発(NTT前 7:15) ― 海浜幕張駅北口・ シネプレックス幕張前発 (7:30) ― 中央道経由・長野道松本IC ― 番所大滝 - 乗鞍 高原・鈴蘭等見学 - 善五郎の滝 ― 昼食・休暇村乗鞍高原 - 三本滝- (チェックイン) -牛留池)。
      天候・時間に余裕があれば、バスにて一ノ瀬園地に向かいアザミ池周辺を散策 (健脚者は牛留池~一ノ瀬園地まで下り坂・徒歩約40分も可能)
    • 10月12日(木)休暇村乗鞍高原8:00発―乗鞍エコーライン経由乗鞍岳稜線域・畳平(標高 約2,700m)-好天であれば魔王岳(2,764m・所要約1時間)-乗鞍スカイライン・平湯 トンネル-昼食・平湯バスターミナル-平湯大滝 - 安房トンネル経由-長野道・松本 IC -中央道経由-西船橋駅前―千葉駅周辺―袖ヶ浦バスターミナル(20時頃)
      *魔王岳以外は、階段はあるものの距離も比較的短く徒歩30分位、通常の運動能力で十分です*
  5. 宿  泊 :休暇村乗鞍高原(電話0263-93-2304);HPはこちら
  6. 費   用 : 28,000円 
    (なお、定員に満たない場合には、一人あたりの費用が加算される場合がございます)
詳しくは、こちら。

8月29日(火)に富津のエム・エム・プラスチックス(株)の見学会開催

日本で初めて拡大生産者責任の考え方を取り入れた、容器包装リサイクル法が平成7年(97年)に施行されて以来二十年です。2000年度に新たに分別収集対象となったプラスチックス製容器包装は2014年度には74.4%の市町村で分別回収さています。(eco検定公式テキスト改定6版;p134)
今回、廃棄物対策センターは、「プラスチック製容器包装」廃棄物をマテリアルリサイクルを行っている富津市のエム・エム・プラスチックス(株)の工場見学を行います。同社は千葉県では最大規模、全国でも有数の規模の工場です。みじかな廃棄物であるプラスチックスのリサイクル処理実態を見学して、廃棄物について改めて考える機会になればと企画しました。皆様の参加をお待ちしています。

見学会の概要は以下のとおり。
  • 見学日時:平成29年8月29日(火);午前10時~12時
  • 見学先:千葉県富津市新富66-1; エム・エム・プラスチック株式会社;ホームページ
  • 集合場所: JR内房線 青堀駅前 9時40分集合
    タクシー(4名乗車)で移動。 見学場所は青堀駅よりタクシーで5分程の場所にあります。
    千葉駅発(8時44分)→君津駅(9時29分着)→君津駅(9時31分発)→青堀駅(9時35分着)の電車が最適でしょう。

    自家用車をご利用予定の方も上記の集合時間に青堀駅にお集まりください。見学者を同乗させていただきたいと考えています。往復同乗させて頂いた場合は、タクシー料金相当を返金致します。自家用車での参加予定の方は、申込時にその旨をご記入ください。

続きと詳細は、こちら・・・・

平成29年度環境カウンセラー募集がはじまりました

平成29年度の環境カウンセラー募集が始まりました。今年度の募集からは、書類審査合格後の面接審査場所が福岡会場、名古屋会場、大阪会場、東京会場、仙台会場と5カ所に増えました。また、一部会場は土・日曜日開催などの変更があります。環境カウンセラー登録者数増大策が具体的に実行されています。
仲間を増やすためにEC千葉としてできる限りの協力を致します。会員皆様は、お近くの登録希望者やお心当たりの方に募集が始まったことをお伝えください。

画像は、会員の小角浩、ECUの佐々木進市両氏が執筆した「こんなにおもしろい 環境カウンセラーの仕事」(2010年11月15日:(株)中央経済社)です。

審査の流れは、以下のようになります。

1.申 請
平成29年7月3日(月) ~ 8月14日(月)郵送または宅配便(※当日消印有効)
2.書 類 審 査
申請書等と課題論文による審査
3.書類審査結果通知
平成29年10月末予定
4.面 接 審 査
平成29年11 月~12月(書類審査結果通知により日時を連絡します。)
福岡会場 平成29年11 月12日(日)
名古屋会場 平成29年11 月17日(金)
大阪会場 平成29年11 月25日(土)
東京会場 平成29年11 月30日(木)
仙台会場 平成29年12月2日(土)
5.面接審査結果通知
平成30年1月下旬
6.登 録
平成30年4月1日

詳細な募集要項等は、環境省のURL:https://edu.env.go.jp/counsel/04.htmlより入手できます。

第20回ふなばし環境フェアが6月10日(日)に開催されました

みんなでつくろう、地球にやさしい船橋」をテーマに、6月10日に中央公民館で第20回船橋市環境フェアが開催されました。主 催は、船橋市環境フェア実行委員会( 53 団体)で、翌11日には生物多様性シンポジウムが開催されました。環境フェアも今年で20回とのことで毎年のポスター展示されていましたが、1回目と2回目ではポスターを作らなかったとのことでした。まさに「時代の変化」を感じさせられます。
EC千葉は、「待ったなしの地球温暖化」、「吐く息から温暖化を考える」とのコンセプトでガス分析計による自分の呼気中の酸素濃度と二酸化炭素濃度を測定を行いました。ものが燃えると二酸化炭素が増えることを実感として体験してもらうことを目指しています。

手順は、
  1. まず、室内の空気中の酸素と二酸化炭素濃度の指示値をメモしてもらます。(酸素:約20.5%、二酸化炭素:約0.16%)
  2. 自分の息をフーセンに吹き込み、その濃度測定を行います。酸素濃度が減り、二酸化炭素濃度が増えるのがリアルタイムで示されます。(酸素:約16--17%、二酸化炭素:約3--4%)
  3. その自分で書き込んだデータ用紙と環境省こども環境白書の地球温暖化ページのコピーとフーセンを持って帰ってもらいます。
当日は、天候も良く市の速報によると約4400人の来場者とのことでした。EC千葉のブースでフーセンを膨らました人たち(殆どが小学生か中学生、時々大人)は約30名でした。EC千葉からは、総勢6人がアテンドしました。

コアクション21普及セミナー&認証取得済事業者フォローアップセミナー

2017ー05-23掲載

エコアクション21は、環境への取り組みを効果的・効率的に行えるよう環境省が策定したガイドラインに基づき、省エネルギー・二酸化炭素の排出抑制・廃棄物の削減などに目標を設定して具体的に取り組んでいる事業者を審査し、認証・登録する制度です。取り組み易く、ISO14001に比較して審査・登録の費用が安いなどの特長があります。
地球温暖化をはじめとして、環境に対する事業者の責務がますます大きくなってきており、環境リスクをなくし、環境コストを削減し、事業の発展を図るうえで「環境経営システム」は有力なツールとなります。
特に今回のセミナーでは、事例発表を中心にエコアクション21を紹介し、これから環境経営システムを導入しようとされている事業者様だけでなく、すでにエコアクション21を認証・登録されている事業者様の活動内容や運用上での「困りごと」の解決を目指しました。皆さまのご出席をお待ちしております。

  • 開催日時:平成29年7月21日(金) 13:00~17:00
  • 会   場:千葉商工会議所 14階 第2ホール
  • 参 加 費:1,000円  定 員:90名(先着順)  開 場:12:30
  • 対 象 者:エコアクション21の導入をお考えの事業者、認証取得済事業者
  • 当日の詳細なプログラム及び申込書は、こちら

第15回通常総会は、5月21日(日)に開催されました(速報)

第15回通常総会は、2017年5月21日(日)に開催されました。
場所:千葉市民会館3階特別会議室
時間:13:30~14:30
総会出席者;出席者44名、委任状提出者52名(平成29年4月1日会員数100名)
総会では、下記の議案が審議され承認されました。

  • 第1号議案  平成28年度事業報告ならびに決算報告
  • 第2号議案   平成28年度監査報告
  • 第3号議案   平成29年度事業計画案ならびに予算案
  • 第4号議案  役員の改選
現在、議事録を作成中ですので後日議事録を掲載いたします。

特別環境講座

総会後に、ウエザーニューズ社の安部大介氏による「地球温暖化の影響と最近の気象・気候について」の特別講演がありました。

懇親会

総会と環境特別講座修了後、千葉駅近くの魚民で懇親会が開催され16名が出席しました。

千葉県主催、浄化槽講習会が今年で10年・65回となりました。

2017ー03-31掲載

浄化槽の適正利用に関する講習会は、1月30日に九十九里町での開催で65回目を迎え、10年を経過しました。当初より中心となって推進してきた上口清彦氏(副理事長・水環境対策センター長)の投稿を掲載します。

*******************

千葉県主催、浄化槽講習会が今年で65回を完遂。
担当しました私たちは楽しくも苦労の連続でした。其の一部を掲載いたします。

平成19年度には、水環境研究会はEC―千葉でまだ発足したての湯気が出る赤ちゃんの様な会でした。会員は4名平均年齢も63歳ほどとまだ若い?会でした。詳細は、こちら

環境省のうちエコ診断は、初年度目標30件を達成しました

2017ー03-09掲載

環境省のうちエコ診断は、受診家庭の年間エネルギー使用量や光熱費などの情報をもとに、光熱費やCO2排出量を見える化します。各家庭の実情に合わせた、実効性の高い光熱費の削減やCO2排出量削減に効果的な提案を行なう家庭からの地球温暖化対策です。
EC千葉は、平成28年度8月上旬に「うちエコ診断実施団体」として正式登録を行い、今年度の目標30件を達成しました。短期間で達成できたのは、「千葉市地球温暖化対策事業計画」の中にうちエコ診断事業の普及開発が盛り込まれたことに加え、温暖化対策室のご協力のたまものです。「白井市再生エネルギー協議会」、「コープみらい」そして会員の方々にも大変お世話になりました。
29年度は、活動の拡大・継続を計るため下記の三項目を活動指針としています。会員の皆様一人ひとりのご協力をお願いいたします。

  1. EC千葉会員の皆様の理解と受信
  2. 会員の居住する地域でのイベントへの参画とうちエコ診断開催の声かけ
  3. 居住地域の地球温暖化防止推進員協議会への声かけ
地域や職場での「声かけ」と普及用に下記のパンフレットを用意してあります。ご利用ください。
画像をクリックすると、パンフレットがPDFで表示されますが、同じものです。印刷してご利用ください。
1/2ページ
2/2ページ
カテゴリ:うちエコ診断